脳卒中 体験記 その時貴方はどうする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kouzinou01.jpg

引き続き 私が体験した検査です

コース立体組み合わせテスト 写真のように さいころ状の積み木に白と赤で三角に色分けした物です
kohs.jpg
少し見づらいのですが さいころの左側に見える紙に印刷されている形と同じ形を作り上げる物です 最初は9個から始まって 最後は確か25個を使って図形と同じ物を完成させます

ウエクスラー記憶検査(WMS-R) 最初の出だしの方は余り記憶にないのですが 途中から 色が6色 図形が6つ出てきて
wms_r.gif
かなりの時間繰り返し覚えます 途中で違う図形問題をやって その後色見本を見ながらどんな図形だったか指さします もしくは図形を見て色を指さします

TMT(トレイルメイキングテスト)一番最初にやったときは 数字を探す物の 結局最後までたどり着けずにギブアップしました
TMTall.jpg
数字だけの物は 1~順に結んでいきます 数字とアルファベットの物は 1~A~2~Bと言う順に進んでいきます
この他に 検査ではありませんでしたが 1~50迄の数字がランダムに大きい文字になったり小さい文字になったり バラバラに表示されていて 順に○を付けて消していくという訓練を 何度も何度もやって来ました
最初は10分近くかかったものも 頭のなかが だいぶん整理が付くようになってきて 最後は2分少々で出来るようになりました

 この他に検査ではありませんが 小学校2年生程度と思われる 二桁までのかけ算わり算を良くやりました 問題は30問程度でした 最初は5~7分かかっていましたが 退院直前には 先生の目指していた1分をようやく切るようにまで 脳細胞がバイパスを組んできました

結局様々な検査で解ったことは 記憶障害がかなり残っていると言うことでした 主治医もそれを見越してリハビリ期間を一ヶ月必要だと判断したようです  血圧の安定と知能回復訓練が進んでそれなりのタイムを残せるようになったにもかかわらず 記名障害の方はなかなか進展が見られませんでした 決して焦ったわけではありませんが 4月いっぱいでの退院を主治医に告げました 実社会でもまれた方が自分のために良いと思ったからです

 理学療法の歩行訓練は 周回数を増やして退院に備えるようにしました 作業療法のリハビリはほとんどの時間を 三宅式記銘検査に当てるようになりました なかなか改善はされない物の記憶の仕方を関連づけして覚えるように OTと二人三脚でがんばりました

 リハビリ病棟でも 春の大型連休が迫ってくると 元気の良い患者達は次々と先生と退院の段取りを相談し始めました 私も着々と退院準備を進めていました みどりの日は最後の自主トレの日となりました 同室の16歳違いの患者さんと 階段の上り下りをすると ぜぇぜぇ 日頃から階段を訓練していた同室者に完全に負けてしまいました ただ歩くだけと階段訓練の差は自分が思っていたより激しい物でした



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/08/12 14:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
niwa01.jpg

 では 実際に私が体験した検査を記憶をたどって行きましょう 一番最初に出会った さくら・ねこ・電車は 
長谷川式簡易知能評価スケール改訂版(HDSーRと言われています 内容は

1.おいくつですか?(配点1点)

自分の年齢を問う質問ですが、高齢者は数え年といった考え方などもされる為、誤差上下2歳までは正解として下さい。

2.今年は何年で、今日は何月何日ですか?何曜日ですか? (配点4点)

日付の感覚等を問う質問ですが、それぞれ答えることができたら1点ずつ加算して計算をして下さい。

3.今いる場所はどこですか?(配点2点)

質問を行っている場所を問う質問ですが、自発的に答えることができたら2点、5秒間答えれなったら「家ですか?病院ですか?施設ですか?」と質問して、正しく答えることができたら1点と計算して下さい。

4.これから言う3つの言葉を言って見て下さい。また、後で同じ質問をもう一度聞くので覚えておいて下さい。(配点3点)

3つの言葉については、次の2パターンの「いずれか」の質問を行い、それぞれ答えることができたら1点ずつ加算して計算をして下さい。

その1  A 桜  B 猫  C 電車  その2  A 梅  B 犬  C 自転車

5.計算問題です。100から7を順番に引いてください。(配点2点)

「100-7=93」「93-7=86」の計算ができたら2点ですが、最初の「100-7」でつまずいたり、間違えたりしたらその時点で終了です。

6.これから言う数字を逆から答えて下さい。(配点2点)

「6-8-2」「3-5-2-9」を逆に言うことができたら2点ですが、最初の「6-8-2」を間違えたらその時点で終了です。

7.(4項目の)覚えてもらっていた言葉をもう一度答えて下さい。(配点6点)

4項目の質問をそれぞれ答えることができたら各2点ずつ加算するので、配点の高い質問項目です。「A、B、C」各質問について、思い出すことができなければ「A 植物 B 動物 C 乗り物」とヒントを出して、そのヒントを元に答えることができた各1点ずつ加算します。

8.これから5つの品物を見せます。それを隠すので何があったか答えて下さい。(配点5点)

関係性のない5つの品物を用意し、それを見せてから机の引き出しなどにしまい、質問を行います。品物一つにつき答えることができたら、1点ずつ加算し、全品答えることができたら5点です。

9.知っている野菜の名前をできるだけ多く答えて下さい。(配点5点)

野菜の名前をできるだけ多く答えてもらいます。名前が出なくなって10秒以上経過したらその時点で終了です。配点は、以下の通りです。

10品以上回答          5点
 9品回答 4点  8品回答  3点 7品回答  2点  6品回答  1点 5品以下しか回答できない 0点

この検査では 問6の数字の並び替えが最初は全く出来ませんでした

次に出会ったのが WAIS-III成人知能検査でした
wais_iii.jpg
内容としては ①知識クイズ、常識クイズ、単語クイズ、2つの単語の共通点を答えるクイズなどの、言葉に関するもの 以外と二つの単語の共通点を答えるクイズがほとんど出来ませんでした
②口頭で伝えられた数桁の数字を順番通り復唱したり、逆から復唱したり、算数の問題に答えたりなどの、数字に関するもの これも 数字の桁数が増えてしまうので 逆の復唱がほとんど最初の内は出来ませんでした 入院してひとつき経っても ようやく三つの数字の逆復唱が出来ただけでした
③絵に欠けているものを答えたり、4枚以上の絵を紙芝居のようにストーリー順に並べたり、顔や手や動物のパズルを完成させたりするなどの、絵に関するもの
④白と赤の模様のある四角のブロック9個で指定された模様を完成させる、ブロックを並べ替えるもの 入院して20日目ぐらいにやったときはまぁまぁでしたが 一月半後には全部出来るようになっていました
⑤数字と記号の対応表を元に、並んでいる数字の下に該当する記号を書きこんでいく、記号を写し取るもの
これも 記号を数字に関連付け出来ずに 作戦苦闘した記憶があります

三宅式記銘検査 
2つずつ対にした言葉を呼んできかせ、それを患者に復唱させます。10対が終わったら、対語の一方を検査者が言い、被検者に他方を言わせます。これを3回反復します。1つできたら1点で10対全部できれば10点(満点)です。
対になっている言葉には、関係があって類推できるもの(有関係対語とか有関連対語といいます)と、そうでないもの(無関係対語とか無関連性対語といいます)があります

有関係対語では 人‐猿  田舎‐たんぼ  親切‐情  医者‐病人  手‐足  池‐河  軍人‐戦争  馬車‐自動車  勉強‐試験  狐‐いなり
無関係対語は  谷‐鏡  酒‐村  下駄‐坊主  忠義‐椅子  仕事‐冬  蛙‐巡査  柳‐電話
娘‐石炭  行列‐空気  書生‐袋

この問題はその時によって言葉が変わります これも最後まで苦手科目で 私の脳味噌を悩まし続けた検査でした

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/08/10 15:49】 | 脳内出血
トラックバック(1) |
niwa02.jpg
 自動車事故ではなくても脳卒中による高次脳障害をスケールである程度見分ける方法の進路がようやく見えてきたと言うことです ここで 高次脳機能障害認定システム検討委員会の提案した検査法を羅列しておきます

1 知能テスト ア ウェクスラー成人知能検査(WAIS-R:Wechsler Adult Intelligence Scal-Revised)
世界で最も使用されている成人用の本格的な全般性脳機能検査です。検査自体が、WAIS-Rの専門家が実施する必要があります

イ ウェクスラー児童用知能検査 (WISC- R;Wechsler Intelligence Scale for Children- Revised)
6歳から16歳対象の知能検査であり、一般的には知能偏差値として知られています。知能偏差値は集団内での知能の差異を表すのに有用です。

ウ ミニメンタルステート検査 (MMSE; mini mental state examination)
見当識や記憶、注意、言語あるいは文章指示に従い、模写などの認知機能を評価する検査方法です。感情や思考障害などの評価は除外されます。
この検査方法は、世界でもっとも広く用いられ、日付、場所、記憶、計算などを問うものです

エ 長谷川式簡易痴呆スケール改訂版(HDS- R)
現在、日本で最も広く用いられています。簡易痴呆スケールであり、MMSEと同様に所要時間が短く簡便に全般的な評価を得ることが可能です。時間・日付の見当識、記憶、計算などのテストです

オ 田中ビネー式知能検査
チップ、文字カード、はめ込み板などを用いて実施される知能検査です。

カ  レーブン色彩マトリックス検査(RCPM; Raven’s coloured progressive matrices)
表示された図案や図柄の中で一部欠落したところに当てはまると思われるものを選択図案の中から一つだけ選ぶといった検査です。所要時間は20分程度なので、ベッドサイドで簡単に実施できる利点があります。
知的能力を測定する非言語性検査で、壮年期から老年期にかけての痴呆障害のスクリーニング検査として用いられることが多いようです。この検査も多数の正常人の標本を元に標準化されていてIQ算定が可能です。

キ グッドイナフ(人物画知能検査)
通常は3~9歳児までを対象とし、被験者に「男の子」「女の子」の人物画を描かせ、その絵により知能の発達度合いを測定する検査で、所要時間は5分程度です。

ク コース(Kohs)立方体組み合わせテスト
被験者に図版を見せて、それと同じ模様を積木を使って再構成するテストです。
各課題ごとに所要時間で得点を与えて精神年齢に換算し、これを暦年齢で割ることでIQの換算が可能になっています。
上記RCPMと同様に、言語を必要としないため、失語症や外国人にも使用できるという利点があります

ケ ベンダ・ゲシュタルト・テスト(BGT; Bender Gestalt test)
比較的簡単な幾何学図形を模写させる知覚・感覚テストであり、9枚のカードに1つずつ描かれた9個の幾何学模様を模写させるものです。このテストにより、脳の器質的障害、機能障害、分裂病、精神遅滞、脳腫瘍、あります。ツハイマー病などのスクリーニングに有効とされます。

2 言語機能に関する検査

ア 標準失語症検査(SLTA; Standard Language Test of Aphasia)
失語症の有無、重症度、失語タイプの鑑別を行うもので、失語治療効果、自然回復について継時的な言語能力の変化を把握し、成績パターンから治療計画の立案等に役立つものとされます。

イ WAB失語症検査
自発話、話し言葉の理解、復唱、呼称、読み、書字、行為、構成の8つの主項目の下に38の検査項目があり、言語機能の総合的な検査を目的としたもので、言語症状の有無やタイプなどについて評価するものです

ウ トークンテスト ( Token Test)
2種類の形、2種類の大きさ、5種類の色の組み合わせで総計20個のある板を用いるテストです。
口頭で、例えば、「小さい赤い四角と、大きい黒の丸を触りなさい」と指示し、聴覚的言語理解と短期記憶の2つが同時に検査されます

3 記憶検査
ア 日本版ウェクスラー記憶検査(WMS- R;Wechsler memory scale)
国際的に最もよく使用されている総合的な記憶検査であります。
言語を使った問題と図形を使った問題で構成され、下記13の下位検査があり、100点を中心として15点が標準偏差です。

イ 三宅式記銘検査(東大脳研式記銘検査)
聴覚性言語の記憶検査です。
2つずつ対にした有関連対語10対と、無関連対語10対を読んで聞かせた後に、片一方を読んでもう一方を想起させて10点満点の得点とし、同じ事を3回繰返します。

ウ ベントン(Benton)視覚記銘検査
主に脳損傷者を対象にした視覚性注意、視覚性記憶、視覚認知、視覚構成能力の評価を目的とした検査です。単純な幾何学モデルを提示し、隠した後でモデル図形を同じサイズ、同じ場所に描かせるテストで、これにより視覚認知や視覚記憶などを調べます。

エ Reyの聴覚性言語性記銘検査および視覚性記銘検査
言語性の記憶検査は、聴覚性言語の記憶検査であり、15個の単語を口頭で指示し、思い出させます。これを5回繰り返した後で、新しい15個の単語に移り、最後に、最初の15個を思い出させるテストです

4 遂行機能検査
ア ウィスコンシン・カード・ソーティングテスト(WCST; Wisconsin Card Sorting Test)
世界的に利用されている前頭葉機能検査で、とくに背外側部の障害の検出に有用であるとされています。
1組の反応カードを、色・形・数の3つの分類基準に基づいて並べ替えさせるテストであり、その並べ替えの基準が突然に変化するので、その基準が変わったことが認識できるかどうかと、それに気付くまでに何回くらい誤りをするかを見るものです

イ 遂行機能障害症候群の行動評価(BADS; Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome)
日常生活上の遂行機能に関する問題点を検出しようとする生態学的妥当性を意識した行動検査です。
カードや道具を使った下記6種類の下位検査と1つの質問紙から構成され、各下位検査を0~4点で評価し、全体の評価は各下位検査の評価点の合計、すなわち24点満点でプロファイル得点を算出することができます

ウ 前頭葉機能検査 (FAB; Frontal Assesment Battery)
前頭葉のスクリーニングテストで、特別な器具を必要としない以下の簡単な6種類からなります。 非常に簡便で、かつ妥当性、信頼性とも高いテストバッテリーです

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/08/08 15:31】 | 脳内出血
トラックバック(0) |
 niwa03.jpg
高次脳機能障害を客観的かつ定量的に判定することは困難で 現在は医療保護を受けることも出来ず 障害を持つ物にとっては 精神障害者として保護を要請するしかないのです 精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準の説明には こう書いてあります

 ④のてんかんの項に (c) その他の精神神経症状
 その他の精神神経症状とは、注意障害、情動制御の障害、気分障害、思考障害(緩慢・迂遠等)、幻覚・妄想等の病的体験、知覚や言語の障害、対人関係・行動パターンの障害、あるいは脳器質症状としての行為や運動の障害(たとえば高度の不器用、失調等)を指す。

 国(厚生労働省)が平成13年度から本格的に研究に取り組んでいる『高次脳機能障害』は、行政的に定義されたものいえ。 脳血管障害(いわゆる脳卒中)や、交通事故による脳外傷後に身体障害となる場合があるが軽度もしくはほとんど見られない場合でも、脳の機能に障害が生じている場合があり。それが認知障害等行動に現れる障害で、これらについては診断、リハビリテーション、生活支援等の手法が確立していないため 早急な検討が必要なことが明らかとなったが まだまだ解決の先は見えてきていません

 高次脳機能障害認定システム検討委員会「自賠責保険における高次脳機能障害認定システムについて」と題する報告書(平成12年12月18日)では、以下のように報告されています。
 
 「脳外傷による高次脳機能障害が認められる被害者に対して、ごく一般的に行われている神経心理学的検査としては、言語性IQや動作性IQを検査するWAIS-R(成人知能検査法)、言語性の記憶を検査する三宅式記銘力検査などがある。
 これらの検査は、脳外傷による高次脳機能障害の特徴的な症状であるところの認知障害を評価するにはある程度適したものだといえるが、もう一方の特徴的な症状であるところの人格変化を評価するものではなく、人格変化の評価法については現在もなお検討がなされている。

 当検討委員会の各種症例検討においても、知能検査の結果は比較的良好であるにもかかわらず人格変化が顕著であったため、社会生活適応能力に支障が生じるケースのあることが明らかにされている。
したがって、神経心理学的検査の結果は、高次脳機能障害の症状の一部を表しているにすぎないというべきであり、この検査だけで重症度(等級)を判定することは適当ではない。保険実務上の対応としては、前期(1)の診療医の具体的所見を補足する資料として活用することが望ましい。なお、高次脳機能障害が重症の場合、神経心理学的検査の実施自体が困難なケースもしばしば見られる。

 これに続いて平成19年2月2日国土交通省から発表された「自賠責保険における高次脳機能障害認定システム検討委員会」 報告書の要略は

 平成18年6月30日に「今後の自動車損害賠償保障制度のあり方に係る懇談会」報告書がまとめられ、その中で、現行認定システムに係る問題の有無等について、自賠責保険(共済)の損害調査を行う損害保険料率算出機構に検討委員会を設置し、客観的な立場の専門家の幅広い意見を踏まえつつ、一層の損害賠償の保障の充実に資するようを検討すべきであることが盛り込まれました。
 これを受け、同年9月に同機構内に検討委員会が設置され、検討が行われてきたところ、本日、報告書が取りまとめられました。(委員:別紙参照) 報告書のポイントは、以下のとおりです (1)高次脳機能障害の認定に必要な事故直後の意識障害に関する情報(時間・程度等)や当該被害者の症状に関する情報(具体的にどのような行動に支障が生じているのか等)などを詳細に把握し、一層適正な等級認定を行えるようにするため、調査様式を改定する。

(2)子供が被害者になった場合、成人と異なる状況に置かれていること(発育・成長過程にあり、知識の獲得が十分でないこと、自分の症状を的確に表現できないこと、就労していないため社会生活を送るのは学校であること等)を踏まえ、家族・教師等から的確に情報収集するための調査様式を新たに作成する。

(3)脳外傷による高次脳機能障害が、依然として見すごされやすい障害であることを踏まえ、被害者、医師、医療機関等に対してリーフレットの配布、学会での説明等により、適時・適切な情報提供を行うなど啓発活動が必要である。

(4)MRI、CT等の画像で脳外傷の存在が確認できないケースでも高次脳機能障害と認定してよい者がいるのではないかとの論点についても検討を行ったが、現時点の医療技術の水準では、医科学的に採用困難と判断した。しかしながら、医学の進歩の動向に十分な注意を払いつつ、将来に向け定期的な検討を継続すべきである。


FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/08/06 13:44】 | 脳内出血
トラックバック(0) |
haiburiddo12.jpg

③認知の障害は「失認(しつにん)」といいます。失認とは、感覚障害(視覚・聴覚・触覚など)が無いのに、知っているはずの物が何であるかわからなくなる状態です。失認には、「視覚失認」、「身体失認」、「聴覚失認」、「触覚失認」、「病態失認」など様々なものがありますが、日常生活に大きく関わる失認は、「物体失認」、「聴覚失認」、「半側空間無視(はんそく くうかん むし)」、「他誌的障害(たしてき しょうがい)」、などがあります

 私が 主治医からよく言われていたのが半側空間無視という症状でした 空間の右側もしくは左側どちらかが認識できなくなる状態です。認識できない側の壁や物が認識できないので、物があるのに気付かなかったり、歩いていて壁にぶつかったりしてしまいます。本人は、半分無くなったという感覚や自覚を全く持っていません。脳の右半球への障害により、左半側空間無視が起こることが多いです

 主治医には5月の中までゆっくりしなさいと勧められたのですが 4月の末に退院を決断したときに 真っ先に作業療法の時間に 半盲がどの程度回復しているかOTに最終チェックをしてもらいました OTはこのぐらい回復したならば気を付ければ車の運転が出来るだろうと言ってくれたからです  

退院して 初めて病院に車を乗っていった時にも主治医から 左側には気を付けなさいと何度も何度も言われました 実は運転していても 左側に曲がろうとしているにもかかわらず 曲がろうとしたところの道が突然消えてしまって 曲がらずそのまま走って止まったと言うこともありました

 車の運転を考えてみると 集中すると同時に複数のものに注意を払うなど、状況に合わせて「注意」自体を使い分けているのです脳の様々の部位が瞬時に色々働いて その都度 注意を向ける方向の選択や配分、タイミングなどを考えながら常に安全確認をするように心がけているのです

 これらの前提となるのが「覚醒レベル」です 寝起きだったり、飲酒時には ぼーっとして事故など起きやすいのです そういう状態と同じだったのが私で 意識レベルが 意識障害でJapan Coma Scale(ジャパン・コーマ・スケール)3-3-1と記載されていたので 当然注意の機能も低下して低下していたに違いありません

 退院後一月がたった時 今までの強い薬が副作用で使えなくなって 薬の使用上の注意から 自動車の運転、高所での作業、危険を伴う機械の操作等はしないようにしてくださいと言う項目が無くなったので 運転を再開してみました しかし 頭の疲れること疲れること 最初の内は30分運転して3時間睡眠を取らなければ頭が重くなってもの凄く疲労感を感じたのでした 運転なんて簡単だと思いがちなのですが

 一度死亡した脳味噌にとっては 新しい脳味噌の伝達期間のバイパスを造りながら生きていく努力をすることは簡単なことではなかったのです 少しずつ距離を伸ばしていますが 以前のように長距離ドライブを楽しむ余裕はまだ生まれてきません 連続して運転できる時間は今の所一時間だと思っています

 来月には 仕事を再開して様子を見ていましたが 最低血圧が高く 再び強い薬のお世話にならざる終えず 運転練習は三ヶ月間で幕を閉じることになると思います
 次に 記憶障害が主だったわたしのリハビリを通じて出会った 様々な検査をご紹介していくことにしましょう


FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/08/04 21:25】 | 脳内出血
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。